エイジレス肌が手に入る光脱毛の極意

379749e6ab4993183f540020458dee8f_s

コストが最も抑えられる脱毛法は?

プロによる脱毛法には幾つか種類があり、料金の相場も異なっています。
料金の差は脱毛効果や持続効果の高さだけでなく、施術にかかる手間や労力も反映されています。

毛根を電流で死滅させることから永久的な効果が期待できるニードル方式は、毛穴を1つ1つ処理しなければならず、非常に手間がかかります。
そのため、お値段は高めです。

またレーザーの場合、高額な医療機器を用い医師による施術が必要なうえ、健康保険も適用されない自費診療となるので、やはり料金相場は高くなります。

これに対して光脱毛は、一度に広範囲の施術が可能で手間や労力が少なく済みます。
短時間の施術で多くの人を施術できるので回転率もよく、高額な美容マシンを用いても料金が安く抑えられるメリットがあります。

年齢を重ねたからこそ光脱毛

女性はコスト意識が高く、リーズナブルで良いものには素早く反応します。
ですが美容やアンチエイジングとなると、高くても品質の良いものであれば、若返り美しくなれるならと奮発する女性は少なくありません。
これは肌の老化が気になりだす30代以降から目立ち、若い頃に比べて経済力も付いてくることから、高価なサービスが安易に求められるようになります。
そのため、30代になると若い学生さんでも気軽に利用できる光脱毛より、レーザーやニードル方式だわと思ってしまう方が少なくありません。
ですが、年齢を重ねた肌だからこそ、人生経験を積んだ賢い30代女性には光脱毛を選んでほしいのです。

肌に優しいから頑張る肌におすすめ

というのは、光脱毛は自己処理をはじめとする他の方法に比べて、肌に負担が少なく肌に優しい脱毛法だからです。

年齢を重ねるにつれ肌は老化し、積み重なった紫外線や不規則な生活による乾燥などの肌トラブルも増えていきます。
仕事にも家事や育児にも頑張る30代女性だからこそ、生活が不規則になって肌荒れしたり、思うようにスキンケアの時間が取れず、お肌が弱ってきているのではないでしょうか。

バリア機能が落ちている肌に、刺激の強いニードル式や熱量が強いレーザーを当てると、いっそう肌に負担をかけ肌荒れを招いてしまうかもしれません。
だからこそ、ムダ毛にだけ反応して肌を傷めない光脱毛を選んでほしいのです。

エイジレス肌が手に入る

光による弱い刺激でお肌を活性化することができるとともに、施術前、施術中、施術後とトリプルの肌ケアやトリートメントも受けることができます。
それにより、肌のターンオーバーが促進されて、肌の潤いやキメが整ってくるので、ムダ毛がない肌になるのはもちろん、ふっくらと艶やかでハリのあるエイジレス肌も取り戻すことができるでしょう。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。