脱毛における副作用

脱毛は1年中している方もいれば、夏の薄着、または水着になったりする時期だけするという方もいます。
夏は肌を露出する機会が増えるため、胸元や背中のムダ毛も脱毛する方も多いです。
しかし、この胸と背中のレーザー脱毛をすることにより、時々にきびができてしまうことがあります。
レーザーで焼いた後に残ったものが、毛穴から自然に出ていけばよいのですが、時々毛嚢で残り炎症を起こし、それがにきびとして肌に出てくる場合があります。
この際に出てきたにきびは、数日で自然に治ると言われていますが、長引く場合は塗り薬で対応することになります。
にきびの跡がシミになる場合も稀にありますが、この場合も塗り薬や飲み薬での早期処置で改善されます。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。