光脱毛と家庭用脱毛器はここが違う!3つの特徴を解説

5b8b26b0f59ad310e08391d823c4fcb7_s

そもそも光脱毛とは?

光脱毛というのは毛のメラニン色素に反応する特殊な光を照射して、毛根組織を破壊して毛を薄く生えにくくする脱毛方法です。
毛には黒や茶色の色素をもつメラニン色素がありますが、特殊な光はこの色素にしか反応しません。

そのため、肌を傷つけずに照射ができるのでお肌に優しく、お肌が敏感な方やお肌が弱い方でも基本的には安心して施術を受けられます。
しかも、1秒に200本の処理が可能と広範囲の面積を処理できる利点があり、短時間でスピーディーに処理できるのも魅力です。

効果が違う

これに対して家庭用脱毛器には、毛抜き方式やシェーバー方式など様々な商品があります。
サロンで行う光脱毛は照射する際にかすかに違和感を覚えることもありますが、基本的にはほとんど痛みを感じません。
定期的に通う必要はあるものの短時間で済み、続けるほどに毛が薄く目立たなくなってくるので処理の必要性も次第になくなっていきます。

ですが、毛抜き方式は非常に痛く、お肌が弱いと赤く発疹が出ることもあります。
また、毛抜き方式やシェーバー方式は一時的な処理であり、数日もすれば再び生えてくるという大きな違いがあります。

性能と品質が違う

近年では家庭用脱毛器でも光脱毛を謳った商品も登場しています。
比較的手ごろな値段で買えるため、サロンより安いと飛びつく方がいますが、安いということはそれなりの理由があるのです。
そもそも光の出力が違います。
専門知識とノウハウを持ったプロが扱うマシンと異なり、知識が少ない人でも安全に使えるよう光の出力が抑えられています。

サロンの光脱毛は利用者みんなでマシンを使えますから、1回あたりの施術料金はリーズナブルですが、マシンのお値段は家庭用脱毛の何十倍もします。
それだけの価値があるということで、性能や品質が全く異なり、家庭用脱毛器でサロンと同じ品質を期待しても無理があるのです。

仕上がりが違う

家庭用脱毛器をはじめ、ご自身でご自宅で自己処理をする場合、お肌のケアはきちんとされていますか。
処理する方法にもよりますが、基本的には処理前のお肌の保護ケアと、処理後のアフターケアの両方をしないと、肌を傷める原因になります。

この点、サロンにおける光脱毛なら、お一人お一人の肌質に合わせ、処理法とも相性がいい専用のローションやジェルを使ってお肌を保護しながら、施術前よりいっそう美しい肌になるようケアしてくれます。
ですから、家庭用脱毛器とはまったく仕上がりが違い、お肌の健やか度にも違いが出てくるのです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。